【見合せ】自然観察会「岡山県北部のタンポポ調査2020」(博物館第342回・友の会第606回)

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため見合せとします※
2019年と2020年のそれぞれ3月1日から5月31日まで,西日本の17府県で一斉に「タンポポ調査・西日本2020」が行われています。どこにどのような種類のタンポポが生えているかをみんなで調べることによって,自然環境の現状や変化を知ろうという試みです。岡山県で調査が行われるのは5年ぶり3回目となります。
今回の観察会では,この調査方法の説明を兼ねて,岡山県北部に生えるタンポポ(クシバタンポポ,キビシロタンポポ,ヤマザトタンポポ,セイヨウタンポポなど)をじっくりと観察します。また調査用紙の記入方法や種類の調べ方についての説明も行います。
なお,4月5日(日)にはタンポポ調査の取りまとめ方を中心とした植物教室を計画しています。
※申込受付中

開催日時4/25(土)12:00~15:30

開催場所集合場所:真庭市蒜山上徳山1380-6にある「道の駅 風の家」の駐車場(信号交差点に一番近い北西角)

問合せ086-425-6037(倉敷市立自然史博物館)

ホームページ http://www2.city.kurashiki.okayama.jp/musnat/event.html#april