自然観察会「六甲の紅葉観察(バス観察会)」

NOW PRINTING

六甲は神戸の北に広がる広い山域、海岸から6kmほどで最高点931mの六甲山です。標高差,南斜面と北斜面での降水量と気温の違いなどもあり、照葉樹林のシイ林と夏緑樹林のブナ林が近接します。瀬戸内海国立公園の一角で、野生動物や野鳥も多くみられます。100年前、南斜面ははげ山でしたが、現在は再生した森林になり市民が多様に利用するいこいの場です。今回は六甲西北域にある神戸市立森林公園内で紅葉をめぐる観察を企画しました。カエデ属の樹林は日本に約26種、六甲山では11種が自生するそうです。園内のコースをめぐって観察しましょう。また公園内の森林資料館では100年の森林再生の過程の展示があります。さらに、六甲山麓北東の三田市にある兵庫県立人と自然の博物館の見学も日程に入れました。

開催日時11/11(日)7:30~19:00

開催場所集合場所:倉敷駅前または倉敷市役所駐車場

問合せ086-425-6037(倉敷市立自然史博物館)

ホームページ http://www2.city.kurashiki.okayama.jp/musnat/event.html